読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食べるときのこと

生きていく私たちと食べ物は切っても切り離せないものです。

 

「食べているものから体ができている」とはよく聞きますが、ここでもう少し、毎日の生活で気をつけておきたいことを記しておこうと思います。

 

まずは、なるべく自然なものを。

腹八分で。

よく噛んで。

 

私たちの体を作るのですのもの、なるべく自然なものにしたいですね。

 

腹八分でというのは、少食のススメでもあります。最近、どなたか忘れてしまいましたが、獣医の先生が、少食のの方が、満腹のマウスより病気になりにくく長生きしたという報告について記されていたのを目にしました。

 

よく噛んで。というのは、「良く味わって」ということでもあります。「食べる」ということに集中すること、食べ物の感触、味、自分の体の動き、すべてを意識していくことで、ある種の瞑想にもなるそうです。

 

姿勢を正して、美味しいものを少しだけ、たっぷりと味わっていただけるありがたさをかみしめたいものです。